フルコマの一日ってヤバくないですか。他の曜日も含めてだけど、ちょっと持ちコマが多すぎるのでは...。

ユナイテッド航空の件、人種の問題だったとしたら、ものすごく感じ悪いな。

仙台にいらした際にわざわざこちらに立ち寄ってくれたワコムのHさんから、MobileStudio Pro 13をみせてもらう。軽い書き味(本体も軽い)でいいなあと思う反面、winだしなあと思ってみたり。なんにしても僕が使っているペンタブはintuos 3なので、そろそろ更新したいぞ。

前期授業の初日。今週はペースを取り戻すことを最重要課題にしなくては。。

荘厳さや孤高、あるいは情熱やフォーヴな印象について、整理と解体をくりかえしつつ、いつのまにか夜中...みたいな。きっと幸せなことなんだろうな。

アドビの体験版、猶予が1ヶ月だと思ったら、1週間になったのね。来週からの授業開始に向けてちょっと焦りつつシステムの方と解決策を相談したら、なんとかなりそうなのでよかった。どうしても学生の契約と授業開始とでラグが発生してしまうので、毎年綱渡りな感じ。

イニシアティブがどこにあるかわからないプロジェクトは、お互いが微妙な雰囲気になってしまうので、よくないなあ。正直なところ、具体的に要望を伝えてもらった方がやりやすいと思うわけですよ。

4年生の部屋を(ある意味本格的に)断捨離しつつ、全員分の外付けディスプレイを導入したので、そのセットアップなど。なんとなくDELLで揃えていますが、10台もあると、ディスプレイばっかりの部屋に見えてしまうのが、難点といえば難点かも。もう少し小綺麗にしたい。

新しく着任されたN先生と、学科内の仕事に関する引き継ぎの打ち合わせなどなど。共通の知り合いがちょこちょこいて、なんだか面白い。世間って狭いですね。

返信できていなかったとある返答を、やっとこ戻してみたり。結局半月かかってしまって、重ね重ねすいません。。

本日から新年度。本学も入学式でおめでたい1日ですな。

午後から美術館で打ち合わせ。夏後半から秋口にかけて、ルオーの展示があります。ほぼほぼ巡回展ではなくて、県美単独の企画といってもいい内容です。展示点数も多いので、みなさまぜひどうぞ!僕も楽しみ。

夜は学内の若林WALEKER関係者で懇親会。いろんな話が聞けて、他の学科や部署の方との懇親会は有意義だなと思います。but、ちょっと飲みすぎました...。反省しきりであります。

鶏肉を使った料理は、下味の加減がむずかしいな。もっとこう、なんていうか沁み込むようにするんですかね。

なかなか借りに行けないけど、PoIの続きが見たい。

自宅に仕事を持ち帰るも、例によって何もせず。ズイマー。

その代わりにDARK SOULS IIIをゆっくり楽しんでいるわけですが、やっぱりストーリーがよくわからないな。これまたよくわからないけど、どんどん自キャラがゾンビのようになっていく。これは呪われている表現なのだろうか。ていうか、なぜ呪われているのだろうか???

ステージの探索は実に楽しいのだけども。

20170331_hariu_portfolio.pngこの間就職が決まったHくんから、就職活動で活躍したポートフォリオを研究室にありがたく寄贈してもらう。研究室の後輩諸君にとって、よい参考になると思います。今年度はタイミングが合わなくて、残念ながら彼からしか受け取れなかったけど、しょうがないかな。

当面使わない荷物を預けに、実家にちらっと帰省。もろもろの作品パネル等を預かってもらっているのですけど、だんだん増えてきちゃったな。

出がけの交差点で、久しぶりにサンク(fiveかなバカラかな)を見たな...と思ったら、東二番丁通りを仲良く前後に並んで走ってみたり。角ばったボディは小粋感アリアリでいいですね。

そういう展開が、いつかは訪れればよいな...と思っていたことが、とうとう現実に。ついこのあいだ卒業した研究室のHくんが、以前僕がお世話になっていたグループ企業に就職が決まり、実にめでたいなと思います。良き哉良き哉。

年休消化で休日。特に何もせず。

不毛なやりとりだなと、ニュースを見聞きしている人が誰しもが思っているに違いないけど、どこかで幕引きにできるんだろうか。

パミールのカラーオーダーに行きたいなあ。それとも電話のやりとりだけども作ってもらえるんだろうか。赤いのが欲しいんだよね。

いまさらだけどDARK SOULS IIIを始めてみる。油断するとすぐ死にますな。ブラボより動きのっそりしている感じだけど、進めていくと変わるのかな。相変わらずストーリーはよくわからないけど、美術は素晴らしい。

エクス・マキナを観る。メタな話かなと思わせておいて、けっしてそうではなく、ストーリーとしてはシンプル。AIそのものの凄さもわかるんだけど、それよりもロボティクス的にありえない感じなので、ちょっとなあ。

自分の好みの姿形(いくら半分機械が露出しているとはいえ)をした女性が囚われていたら、騙されるもなく助けようとしちゃうと思うんだよね。だから、それでAIの強度を測るっていうのは、無理があるかな。社長もセキュリティの意識があるようで、ないような感じだし。

それにしてもkyoko(言葉はしゃべらない従順なアンドロイド)みたいなのがいたら、いろんな人が引きこもってしまいそうだな。

午前中の会議から始まって、夕方まで、ず〜っとそんな感じ。なかなかすごいな。

夜は今年度で退職される学科メンバーの送別会。僭越ながらの司会担当でしたが、なんとか無事に終えて一安心であります。ちょっと連絡ミスがあったりして、えらい焦りましたけども...。いままでの送別会であんまりなかった、寄せ書きを取りいれた写真アルバムも(多分)好評だったのではと思います。

2次会でM先生とちらっと飲んで解散。